株式会社トミオ

まずは資料請求 ウェブでのお申し込み お電話でのお申し込み

Q.tomioで建てようと決めたきっかけは?

おしゃみさん:初めて行ったWCHが3〜4年前の印西市で、お家を見た瞬間に「かわいい!」と思ったんです。 お家の中では慶太さんがお話をしてくれたんですけど、他社の営業さんとは違って営業っぽくない感じが、すごく話しやすくて印象的でした。 お家も可愛いけれど、それよりもスマリエさんの人柄に惹かれてtomioに決めた部分も大きいですね。 それ以来、近所の行きやすいWCHへは時々おじゃましていましたが、主人がお家づくりにあまり乗り気ではなかったんです。 机の上にWCHの案内ハガキを置いてアピールをして、連れて行ってもらえるように頑張りました(笑) それでも3年以上、主人はお家づくりに消極的でしたが、震災をきっかけに土地を探し始め「よし、この土地で建てよう」と決意し、「建てるならtomioがいいね。」という話でtomioにお願いすることになりました。
あいぽんさん:私もWCHが1番衝撃でした。tomioの他にも2件位メーカーさんをまわったのですが、他社さんのお家はありきたりのシンプルな冷たい感じがしました。 tomioのWCHで見たお家はナチュラルで温かみのあるお家ばかりで「探し求めていたのはこれだ!」と感じ、さっそく主人に相談したんですが「tomioのお家は、高そう」と言われてしまい撃沈。 その後も主人は、シンプルで近代的な家がいいと渋っていたのですが、最後は私が強引に押し切りました・・・。 でも、今では主人の方がtomioを好きだと思います(笑)

Q.家づくりで1番楽しかったことは何ですか?

suika**さん:照明や小物をお家に合わせて選んでいくのがすごく楽しかったです。お家が出来上がっていく様子を見ていると、 アレもコレもお家に付けたくなってしまって、いろいろ悩みましたね。 tomioのコーディネーターさんは、 私の好きなものをわかってくれた上で打合わせを進めてくれるので、自分が見つけてきたものだけでなく「こんなものもありますよ」と提案してくれたものが、自分の好みとピッタリ合ってとっても助かりました。 打ち合わせが楽しかった分、終わってしまって寂しい気持ちもありましたね。
sennichikoさん:私はもともとmamanの家が希望だったんですけど、主人があまり可愛い家に賛成していなかったので、 仕様やテイストからじっくり話し合って決めていきました。私の好きなものだけじゃなく、主人の好きなものも取り入れていけたのが良かったなぁと感じます。 結婚して5年経つのですが、お互いに好きな物をあまり知らなかったことに気づきました(笑) 2人でアイディアを出し合ったり、宮澤さん志田さんも入ってみんなで打合わせをすることで、 新しくもっと良いものに変わっていったなぁと思います。みんなで作りあげていくという感じが楽しいですね。 またtomioでできたお友達との出会いや関わり合いは、自分と同じような考えや状況の方が多いので、 お話ししていて共感しあえるのが楽しいです。
サチさん:私は自分がどうしたいのか中々決められないタイプなので、WCHでセンスのいい家をたくさん見て参考にできるのがとても良かったです。 WCHに行くと「アレもいい、コレもいい!」と目移りして、ますます迷ってまうんですけどね(笑)  こんな優柔不断な私でも、コーディネーターさんに色々提案してもらえたことで安心して打合わせができました。 自分の家を建てているという実感はまだあまりないのですが、おしゃれなものを見て刺激を受けるのが、すごーく楽しいですね。


株式会社トミオ
〒262-0013 千葉県千葉市花見川区犢橋町 1622-4 TEL043-259-1301

サイトマップサイトポリシー

チャレンジ25 JHP・学校をつくる会を支援 財団法人日本盲導犬協会